一日体験入学アンケートの質問

皆さまこんにちは。

プレップ科の藤本です。

 

 先日から始まった一日体験入学では、たくさんの中学生の皆さんにお越し頂き、本当にありがとうございます。今回は在校生が、プレップ科の活動や雰囲気を味わってもらうことを目的とし、探究活動の一環として準備してきました。

 この夏に来れない方は、是非秋の体験入学にお越し下さい!

f:id:prepofficialblog:20180725174155j:plain

 

Q プレップ科は、運動系の部活が難しいというのはありますか?

A 現在、入部できないのは野球部です(練習場所の関係)。柔道部や水泳部、吹奏楽部を含めた他の部活は入部は可能です(ただし、部活動奨学生の場合は学科により制限されることもあります)

 ですが、授業が7限まであること、放課後や土曜補習が組まれていることから、他の生徒よりも練習時間が短くなることは間違いありません。また、学習との両立は大変なのも事実です。宿題に加えて、探究活動の作業もあるかも知れません。県内でも上位にある部活ほど、両立は大変だと思います。

 ですが、学習との両立を目指して、本人とクラス担任、部活動の先生の三者で話し合いをして活動内容を決めるようにしています(現在運動部で頑張っている生徒が何人かいます!

 

 Q 海外の研修では、どのくらいお金がかかりますか?

A カンボジア研修は7日間で約23万円(今年度実績)、シンガポール研修は同じく7日間で16万円(今年度実績)でした。ただし、シンガポールではスケジュールの関係で食事は自由食でしたので、食費はほとんど含まれていません。(1食1000円で計算して準備してもらいました)なお、お小遣いは常識の範囲内で準備してもらいました。2回合わせて、40万円とお考え下さい。

 

Q プレップに入学したら必ず研修に行けますか?

A はい、海外研修は探究活動の一つです。つまり授業と同じ扱いになりますので、全員参加してもらうことになります。そのつもりで、みんな真剣に準備をしなければいけません。

 

Q どんな授業をしているのか?志望する大学へのサポートは?

A 今回の体験では、探究活動や授業でのグループ学習の雰囲気を味わってもらいました。5教科の授業は、通常の教科書をもとにして、PCやグループでの学びあい、問題演習も取り入れて進めています。もちろん国立(私立)大学の理系学部への合格を目的としたカリキュラムと授業内容になっています。入学試験の内容に応じて、二次試験対策なども実施しています。

ただし、文系の進路を考えている生徒には個別に対応もしており、実際に頑張ってもらっています。

 

 

Q カンボジアには何日間いたの?パスポートはどうやってとったの?

A 全行程は7日間で、カンボジアの活動は実質4日間でした。

1日目 鹿児島から東京(成田) 成田泊

2日目 成田からプノンペン

3日目から6日目 プノンペンシェリムアップ

6日目22:50 プノンペンから東京

7日目 東京から鹿児島

パスポートは、県内各所で取得の手続きができます。夏休みに取得してもらいました。

 

Q 朝の課外はありますか?宿題は多いですか?

A 朝の課外は実施しておりません。放課後の補習を必要に応じて実施しています。

 今後の大学入試は、しっかりとした知識・技能を前提にして、論理力や理解力、学習に臨む主体性が評価されます。評価されるポイントは増えましたが、学力はより強く求められるようになったと思います。ですので、宿題も教科書の進み具合や大学入試のレベルに応じて取り組んでもらっています。